老化防止になる豆乳

老化の元、それは活性酸素。
化学反応で体内に起きるものですが、私たちの体の中で常に作られています。

 

活性酸素には強い酸化力があり、体内に細菌やウイルスが入り込んだときこれを攻撃して殺す働きをする一方、
体内の正常な分子から電子を奪い、細胞やDNAを傷つけます。

 

それでも元気でいられるのは、体内にSODと呼ばれる抗酸化酸素が存在し活性酸素の発生を抑えたり、
傷ついた細胞を修復してくれたりしているからです。
でも、この働きも年齢とともに低下してしまいます。
だから老化が進むというわけなんです。

 

豆乳はこのSODと似た働きをする成分を含む食品です。
大豆イソフラボンのほか、サポニン、フラボノイドといった配糖体に優れた抗酸化作用があるそうです。
特に、体内の脂肪が酸化して過酸化体質に変化するのを防ぐ働きを持っています。

 

また大豆イソフラボンにはボケ防止や骨粗鬆症の予防にも効果が期待できるそうです。
豆乳は頭や骨の若さを保つのによさそうですね。