簡単に脱毛できる豆乳ローション

豆乳に含まれる大豆イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをすると言われていますよね。
だから女性ホルモンに似た大豆イソフラボンの成分を塗ることで毛根に男性ホルモンの影響が弱まりってダンダンと薄毛になっていくということです。

 

豆乳ローションは自宅でも簡単に作れます。

 

材料
豆乳200ml
レモン1/2個
消毒用エタノール20ml
ざる
不織布2枚(だし袋でもできます)とキッチンペーパー2枚
化粧水の容器1個(豆乳ローションを入れるもの)

 

作り方
まずレモンを絞りレモン果汁を絞り出します。

 

鍋に豆乳を入れ、弱火で火にかけます。
豆乳がこげつかないようによくまぜます。

 

だいたい60度前後にあったまったら、
レモン汁を加えます。

 

そのまま弱火でかき混ぜ、小さなかたまりができたら火を止めます。
ヨーグルトみたいになります。

 

次に消毒用アルコールを入れます。

 

次は漉して豆乳ローションを作ります。
ざるに不織布とキッチンペーパーを重ね、
鍋から豆乳ローションを流し込みます。

 

そのまま冷めるまで待って豆乳ローションの出来上がりです。
簡単にできますが、
やっぱりめんどくさいという方は市販の豆乳ローションも安価であります。


【パイナップル豆乳除毛クリーム】

 

 

豆乳ローションは、朝晩一日2回、手にたっぷりとってすりこみます。
夜は入浴後などの清潔なときに塗るのがいいでしょう。
朝は、塗る部分をタオルなどで拭いてからがいいでしょう。
だいたい2週間ぐらいから実感できるようです。